SPEXA -Space Business Expo-
2024/4/24(水)-26(金)
東京ビッグサイト

カンファレンス プログラム一覧(マーケティング×宇宙)

日程:4月24日(水)
会場:東京ビッグサイト展示会場内 特設カンファレンス会場


「マーケティング×宇宙」をテーマに対談。
衛星データを活用することでマーケティング施策はどう変化するのか。マーケティング担当者必聴の内容です。
事前申込みは不要です。直接会場にお越しください。


A-1-2

4月24日(水)11:45~12:45【カンファレンス会場A】


人工衛星データ活用による広告の高度化を通じた需給連携事業への挑戦

調味料商材の広告効果は、その調味料を用いる料理の野菜の価格に応じて変化する。
電通グループはスペースシフトとともに2018年より、衛星データによる露地野菜価格の予測技術の応用検討を進めている。
2022年度より、電通グループはJAXAのJ-SPARC(JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ)に参画し、
JAXAの協力を得ながら、衛星データを用いて露地野菜の価格予測を行い、この価格予測に基づいて調味料メーカーのテレビ広告の
投下タイミングを最適化するプロジェクトを推進している。
プロジェクト推進においては、電通グループが開発を進めているテレビ広告における最新テクノロジーを活用している。
スペースシフトでは光学衛星とSAR衛星を活用した、天候に左右されず継続的に露地野菜の生育状況を把握するアルゴリズムを開発した。
本発表では、世界的にもユニークな本取り組みの現在の最新知見と今後の展望を紹介する。

株式会社電通
ラジオテレビビジネスプロデュース局
テレビ市場開発部長

AIビジネスプランナー

岸本 渉

経歴:

2002年電通入社。テレビ局配属。テレビスポット業務に長く従事。
2016年、AIを用いたテレビ視聴率予測システム「SHAREST」の開発を開始。
2020年広告主間でテレビスポット広告枠を組み換え、CMの効果を高める「RICHFLOW」の開発を開始。
同年、さらなる広告効果の向上に向け、量子コンピュータソフトウェア開発を行う(株)エー・スター・クォンタムとの業務提携を実施。
現在、運用型テレビ広告実現の基盤となるDX領域を中心に新規開発プロジェクトを推進。

株式会社スペースシフト
代表取締役 CEO

金本 成生

経歴:

大学在籍中からIT事業を立ち上げるなど、10年以上に渡りインターネット業界で様々な経験を積む。AIやWEBシステム、マーケティングに精通し、技術者として様々なシステム開発の経験を有する。宇宙ビジネスでは10年以上の経験を有し、国内外に幅広いネットワークを持つ。近年は衛星データとAIを組合せた自動解析技術の利用促進のため様々な活動を行い、非宇宙企業による衛星データ利活用を促進する。総務省「宇宙×ICT」懇談会委員、産総研特任研究員、ニュースペース研究会副事務局長などを歴任。

※敬称略。都合により講師、プログラムの内容に多少の変更がある場合がございます。あらかじめご了承ください。